風神様と雷神様が合作 露店のパラソル吹き飛ぶ、電柱の変電機と接触して爆発=武漢

 湖北省武漢市の漢口鄱陽街の集合住宅に住むその女性は21日午後1時ごろ、いつものように昼寝をしていた。うつらうつらとまどろんでいた。と、窓の外でいきなり「バーン!」という巨大な音がした。

 

 驚いて窓の外を見ると、すぐそばの電柱に据え付けられた変電機が火花をまき散らしていた。ただ、自分の部屋には被害が及ばないだろう。安心して、あらためて室内を見た。すると、つけていたはずの扇風機が止まっている。扇風機だけではなかった。照明を試したがつかない。テレビもつかない。完全に停電していた。

 

 女性が住む建物の前の通りでは、そのしばらく前にアイスキャンデーを売る男性がやってきた。露店を広げる。日よけのためにビーチパラソルを据え付けた。そこに突風が吹いた。ビーチパラソルが吹き飛んだ。すぐそばの電柱に据え付けられていた変電機に接触した。とたんに接触カ所が爆発して、火花をまき散らしたという。

 

 露店の店主は茫然として立っていた。周囲から多くの人が集まった。状況を見て「こりゃ、弁償が大変だぞ」などとささやきはじめた。それを聞いた男性は血相を変え、大急ぎで荷物をまとめてどこかに行ってしまった。

 

 しばらくして電力会社の修理員がやってきた。爆発したのは1000ボルト用の変圧器だという。修理員は「電力設備典型消防規程」により、油量2500キログラム以上で3500ボルト以下の電流を扱う変圧器の場合、安全距離が5メートルと定められている。

 

 修理員は、「変圧器のそばに無断で物を置いてはいけないことになっています。特に、しっかりと固定されていない物を置いてはいけません」と説明した。

 

 同爆発で死傷者は出なかった。(編集担当:如月隼人)

【関連】
変電所爆発、周辺施設も次々爆発 夜空を焦がす紅蓮の炎、道路に亀裂、蓋が吹き飛ぶマンホール=西安
「ガス漏れだ」「すぐに修繕だ」「完了」「大丈夫かな?」「確認しよう」「点火」・・・爆発=中国

【参考】・遮阳伞被吹上变压器引发爆炸 武汉鄱阳街大面积停电(中国語)


Posted by 如月隼人