日本のTV局は上海ディズニーの「荒探し」して、番組制作のいい加減さの「ボロ」出した=台湾メディア

 台湾メディアの聯合新聞網は23日、上海ディズニーランドについて運営側にも客側にも問題が多かったと紹介した日本のテレビ番組について、内容にいい加減な部分があり「自分自身もボロを出した」と論じる記事を発表した。26日になると大陸メディアが同記事を取り上げ、日本の番組制作のいい加減さを強調する見出しで紹介し始めた。

 聯合新聞網は日本で放送された番組について、来場者のマナーの悪さやルール違反を強調したと紹介。上海ディズニー内の飲食施設が提供した料理では、メニューの写真と供された実物が違ったと報じたことに触れた。

 

 記事は、順番待ちの来場者が「衝突」する同じ光景を4回も放映したり、アジア情勢研究の専門家に「中国人の思考方式」と絡めて解説させたことも含めて、日本のテレビ局が「上海ディズニーのいたるところで荒さがしをした」と評した。

 

 その上で同番組は、上海ディズニーで行われた「花木蘭パレード」を「三国志パレード」と紹介したと指摘。日本のテレビ番組は「上海ディズニーの荒さがしをして、自らもボロを出してしまった」と論じた。

 

 26日未明になり、同記事を中国メディアの参考消息網が転載した。聯合新聞網の見出しは「日本メディアが見た上海ディズニー:非文明的行為、メニューと料理が一致せず」だったが、参考消息網は「台湾メディア:日本のテレビ局が上海ディズニーまで行って荒さがし、結局は自らがボロを出す」とした。

 

 その後、中国新聞網、新浪網、捜狐など中国メディアが次々に、参考消息網と同様の見出しで、同記事の転載を始めた。

--------------------—
◆解説◆
 花木蘭は若い娘である木蘭(ムーラン)が、老いた父に代わって男装して従軍し、異民族を相手に奮戦して自軍を勝利に導くという伝承作品。中国では非常に有名な物語。1998年にはディズニーが「ムーラン」のタイトルで長編アニメ映画化した。

 

 「ムーラン」は中国でも上映され、ヒットした。上海ディズニーで開催されるパレードで、中国の古い武人の姿が登場すれば、説明を聞かなくとも「ムーランだ」と気づくのは、中国人にとって常識中の常識。(編集担当:如月隼人)

 

【関連】

日本人女性、台湾で「靴万引き」の疑いで逮捕 現地メディアも次々に報じる
日本人カモにした「ぼったくり茶館」、不起訴を決定・・・ただし罰金843万円、営業許可取り消し

【参考】(中国語)

日媒看上海迪士尼:行為不文明、餐點圖文不符(台湾・聯合新聞網)

台媒:日本电视台到上海迪士尼"找茬" 结果自己出糗(中国・参考消息網)


社会

Posted by 如月隼人