「安全性に問題ある橋」を閉鎖したら迂回路の橋に大穴、トラックを「くわえて」放さず=ハルビン

黒龍江省哈爾浜市内で8月31日午前0時半ごろ、橋面が陥没して通行中のトラックが車輪を挟まれ動けなくなった。現場近くでは幹線道路の橋が「安全性に大きな問題あり」との理由で5月28日に封鎖された。迂回路にあった橋で陥没事故が発生したという。

 

 

陥没が発生したのは欄干などもない小さな橋で、通常の道路のようにも見える。砂利を満載していた大型トラックが通過しようとしたところ、橋面に長さ5メートル、幅1メートルほどの大穴が開き、トラックは車輪を挟まれ動けなくなった。

 

 

地元交通警察の関係者によると、近くの幹線道路に架かる橋が「安全性に大きな問題あり」との理由で5月28日に封鎖されたため、多くの自動車が通過することになった橋で陥没が発生していた。交通警察は陥没を起こした橋についても大きな危険性があるとして、地元政府の関係部門に、車両の高さ制限や重量制限の表示をするように何度も報告していたという。

問題を起こした橋は制限重量を超過したトラックなどが次々に通過することになったため、8月31日の陥没個所以外にも、多数の損傷が発生していたという。(編集担当:如月隼人)

【関連】
深センで「絶え間なく」続く陥没事故、市政府ある福田区だけでも今年になってから100回超
繁華街の歩道にいきなり大穴 通行人、悲鳴とともに「奈落の底」へ=中国・甘粛