中国軍が北朝鮮人2人を救助 中国メディアは「北朝鮮で洪水被害」と伝える

中国中央電視台(中国中央テレビ)は3日、洪水で自国領内に押し流されてきた北朝鮮人2人を中国軍が救助したと伝えた。

 

北朝鮮2人は洪水に押し流され、中国領内である吉林省延辺朝鮮族自治州の南坪鎮で助けを求めた。うち1人は重傷を負っているという。現地への道路は大雨で寸断しているため、中国陸軍第39集団軍に所属する航空部隊が、ヘリコプターを出動させて2人を救助した。

 

2人は堤防の上で動けなくなっていたという。2人は陸軍のヘリコプターで延辺の空港まで搬送され、医療スタッフが2人を引き取り、病院に収容したという。

 

中朝国境の中国側である延辺朝鮮族自治州では、このところの大雨で大きな被害が発生している。中国中央電視台は、国境の川である図們江(朝鮮語側の伝統表記は豆満江)の対岸の北朝鮮領も「同様の影響を受けている」として、北朝鮮でも大雨被害が出てくると報じた。(編集担当:如月隼人)

 

【関連】
北朝鮮・高麗航空、飛行中に客室内で煙 中国当局が「乗員の訓練不足」など理由に制裁措置
台風10号で北朝鮮に大きな被害か 取り残された住民を中国当局「越境救助」