「満員御礼」の心境・・・ありがとうございます、私のブログへのPV数がなぜか「爆発」しました

ということで、夜な夜な非力な身に鞭打って、記事を書いているのであります。思いがけなかったことに昨日、アメブロへのPVが、私が4月にきちんと調べ初めてからの、過去最高になりました。

http://kisaragihayato.com/919
遺跡から出土の馬の彫像、「強烈キャラ」が中国で評判に

 


主な理由は、上記記事をご覧いただいた人がとても多かったことです。サーチナというサイトで書いていた時には、「この話題、面白いと思うけど、自分の趣味にすぎないかなあ」と書いた記事が、図らずも多くの皆さんに注目されることがあったのですけど、同様になりました。

PVと言っても、「千台」の前半もよいところですが、サーチナを離れて「孤軍奮闘」の状態で情報発信をしていると、PVがサーチナ時代の100分の1ぐらいかなと実感していた私にとって、「千台」というPVはうれしい限りです。

フェイスブックについては、PVを直接調べる手立てがないのですけど、ブログ以上にお読みいただけたのではないかとの感触がします。

さらにいろいろ分析すると、上記の「お馬さん」から、他の記事を次々にお読みいただいた皆さんも、相当に多いと推定できます。本当にありがとうございます。はじめて、あるいは久しぶりに私のブログに来ていただいて、いろいろお読みいただいた人が多いのではないかと、光栄に思っています。

情報を発信する立場の端くれとして、私はPVとか視聴率とか、注目度だけに関心を持つ情報発信は、そのうち「ドツボにはまる」と主張してきました。簡単に言えば、今現在の注目度を重視することはとても大切なのですが、今の注目度だけを重視することは、「時代の後追い」をすることにほかならないからです。

人々の関心の方向が動けば「今の今だけの注目度」を追ってきた情報発信者は、見向きもされなくなります。その時になって新機軸を打ち出そうとしても、もう遅い。

「情報発信者」として大切なのは「このことはどうしても、皆さんにお伝えしたい」と信じる情報を、愚直に発信しつづけることだと信じています。そして、収入を得ることだけを主眼にして、経済的な利益を得ることを重要な目的にしてはいけない。大切なのは、「情報を伝えたい」ということが原点という気持ちを、ずっとずっと続けることです。ですから私は、今後とも、そういう情報発信を続けていきます。

これからも、。私の経験にもとづく、分析記事を書きます。こんな「奇妙奇天烈」なことが起こっているのかという、仰天情報も出します。読者の皆さんをヒーヒー笑わせる記事にも力を入れます。もちろん、私自身の身の回りのおバカ経験もご披露します。とにかく、皆さんに伝えたいと思ったことを書きます。

そうですねえ。読んでいただいた人が「周囲に話してみたくなる情報」のご提供が、私にとっては理想なのです。

私が編集記者として駆け出しのころ、大師匠がこんなことを言いました。「いいか、月曜日の夜に、居酒屋に行ってみろ。その日の朝か夜に発売の週刊ポストとか週刊現代で読んだことを(時代は、同2誌の全盛時代でありました)、10年も20年も前から知っているという顔をして、周囲に吹聴している飲み客がいる。あらが、情報の送り手として、理想なんだよ」と。

これからも、ちょっとお暇のあるときに、私の文章に目を通していただければ、望外の幸せです。