北京空港で乗り遅れの客、係員の制止を振り切り機体の下にもぐりこんで出発を阻止

重慶商報などによると、北京首都国際空港で14日午前、すでに乗客の搭乗が終わった待合室に遅れてやってきた男女2人が、係員の制止を振り切ってゲートを突破。駐機場所まで降りた。女性客は機体の下にしゃがみ込むなどで、出発を停めようとした。

2人は午前9時半発の上海行き中国国際航空CA1519便に搭乗する予定だったが、待合室に現れた時に同機はすでに乗客の搭乗を終えて出発しようとしていた。搭乗を拒否する係員に、2人は猛抗議。肉体的「衝突」により制止を振り切って、ゲートを突破した。

2人はボーディングブリッジに侵入し、地上に通じる階段を駆け下りた。女性は機体の下に潜り、自分らを乗せるよう、叫び続けた。記事によると、男性は女性に比べれば「理知的」で、地上に降り立ったところで空港職員の説得に理解を示すようになったという。

空港職員が2人を取り囲み、それ以上の行動を阻止した。2人は、しばらくして駆け付けた警察官に引き渡された。同件のために、CA1519便の出発は約20分遅れた。

 

 

(編集担当:如月隼人)

 

【関連】
「凶器もって乱闘」、「銃声聞こえた」の通報に武装警察出動 発端は100元巡る客と店の争い=中国
婚礼の隊列が激突 双方激怒、持っていた祝いの花火の水平乱射で撃ち合い、挙句の果てにはこん棒で乱闘


社会

Posted by 如月隼人