中国で「爆発物マニア」が捕まる 借りた施設でせっせと危険物を製造

中国メディアの中国網はこのほど、福建省の厦門(アモイ)市警察がこのほど、爆弾など危険物を違法に作っていたとして、同市内で37歳の男を逮捕したことを明らかにしたと伝えた。

男は軍事や爆発物のマニアで、アモイ市海滄区内の工場で、大量の爆発性化学薬品や器具を入手して、爆発物などと作っていた。製造方法などはインターネットを利用して調べたり、関連書籍を学習して得ていた。

警察は3月に、敷地十数平方メートルの小さな工場施設を借りた男が、中で危険物を作っているとの情報を入手した。内偵したところ、テロなどの危険思想の持ち主ではなく、「マニア」による仕業と分かり、身柄の拘束・逮捕に踏み切った。

男が入手した薬品や器具は数十種類もあった。大きな事故を起こしたことはないとみられているが、薬品の取り扱いに失敗して炎上させ、自分の眉毛や頭髪を燃やしてしまったことがあったという。(編集担当:如月隼人)

 

【関連】
交差点で信号待ち、青に変わって発進したら3秒で爆発=中国
内装工事で渾身の力 窓枠壊そうとしたら狙い外れてハンマーもろとも5階の窓から建物外に=中国