「青信号だ。発進だ。それっ」 渋滞時には罰金の対象に、適用初日だけで105人=深セン

東省深セン市の交通警察は18日、「前方に渋滞が発生しており、交差点到達時には青信号ではあっても、そのまま交差点に進入すると交差点を抜け出ないうちに信号が赤に変わり横方向からの車の進行を妨害うする」行為をした運転者に罰金を科し始めた。初日だけで105人が対象になった。

道路が渋滞すれが、運転する人はイライラする。少しでも前に進みたい。しかし、短慮な行為が渋滞をさらに悪化させることがある。マナー違反であるだけでなく、例えば日本でも、途中で停止するおそれがあるのに交差点に進入した場合には「交差点等進入禁止違反」として、反則点と反則金の対象になる。

中国で同行為は「冲緑灯(青信号突入)」と呼ばれ、交通渋滞を悪化させる原因として問題視されている。深セン市交通警察は対策のひとつとして、18日から同行為に対して300元(約〓円)の罰金を徴収することにした。1年以内に3回にわたり同じ行為を摘発された場合には、罰金が500元に引き上げられる。

交通警察では1日から7日までを「宣伝過渡期」として、「冲緑灯」を行った運転手に対して「教育措置」を実施。8日から17日までは、さらに強い口調で「警告」を行った。

18日に罰金の徴収を始めたが、「青信号だった。なぜ悪い」などと反発する人もいた。初日の18日に罰金を徴収された人は105人に及んだという。(編集担当:如月隼人)

【関連】
豪雨の中、はだしで交通整理する若い女性警察官に「称賛の嵐」=四川
工事で砲弾が出てきた 「警察に届けねばならない」と思い、車に乗せて自分で運ぶ=江蘇