おやすみなさい。あまりにもくだらないことながら・・・

商売柄、というのではないのですが

なんか言葉が思いつくと、延々と思考をめぐらすことがあります
言葉の実質には関係なく、音だけに反応してしまうことが多い。

寝ているときに、そういう状況になることもある。
本日未明に、そういうことになってしまった。

中国人に多い姓。たとえば「劉」

日本人がよびかけるとすれが「劉さん」
ありゃありゃ「硫酸」ではないか。

「袁さん」なら「塩酸」、「蒋さん」なら、「硝酸」だあ。

 

ううむ。

 

中国には「策さん」なんて人もいるけど、まあ、少ないなあ。

 

そうかあ。

「劉さん」とか、「袁さん」とか「蒋さん」とかが、勢力を占めているのかあ。

だから中国は「強酸主義」

 

いやあ。くっだらないなあ。
まったく役に立たないことを、起きるともなく、ぼおっとして
寝床で横たわりつつ、妄想しているのでありました。