コンゴで中国人経営の商店襲撃 大統領辞任要求デモで混乱、大量死者か

コンゴ民主共和国首都のキンシャサで19日、大統領の辞任を要求する人々と治安部隊が衝突。デモの主催者側によると50人以上が死亡した。混乱は広がり、中国メディアの中国新聞社によると、中国人が経営する商店の襲撃事件も発生した。

AFPなどによると、ジョゼフ・カビラ大統領の辞任を要求する抗議集会に参加しようとした人々と治安部隊が衝突し、デモの主催者側によると50人以上が死亡した。混乱はキンシャサ市の広い地域に広がった。

中国政府・外交部(中国外務省)は20日、「今後の政治情勢は敏感な時期になった」として、現地で中国人が経営する商店や、生活する中国人は生命の安全を確保するためにも、危険な地域から速やかに撤退すべきと勧告した。

中国メディアの中国新聞社じゃ、中国人が経営する商店の襲撃事件が発生していると伝えた。。(編集担当:如月隼人)

 

【関連】
中国軍人5人が死傷 アフリカ・マリでPKO部隊が襲撃される 日本も「対岸の火事」とは言えない
中国警察がアルゼンチンで銃撃戦 中国人系犯罪組織の摘発行動に参加