この人、何を考えているのか・・・トランプ候補の「パリ協定から離脱」の根底にあるもの

「パリ協定離脱すれば環境に深刻な影響」 科学界がトランプ氏非難(AFP 2016.09.22)

 

ううむ。この人、何を考えているのか。まあ、気象変動について、実際にはいろいろな説があることは別にしても、「国際社会、どうでもよい」と言っているも同然だからなあ。

この人、「米国第一主義」を強調しているようだけど、こんなやり方を本当にしたら、世界の混乱の中で、米国は落ちぶれていくんじゃないかなあ。

 

中国は、国際社会における「自分の立場に見合ったふるまい方」を身に着けていないと批判されることが多いのだけど、

 

気候変動でアメリカと中国が「二国間協力」を宣言 パリ協定に参加表明(ハフィントンポスト、2016.09.04)

と、中国も取り組みを進めています。

 

まあ、中国の場合には、パリ協定に積極的に関与して「気象変動の大きな責任は先進国にある」との主張を通そうとしているのだけど、それはそれで「国益最優先」の立場からすれば、理解できる。積極的に出て行って、他国を納得させるという姿勢は正しいと思う。

パリ協定から一方的に離脱したら、やっていることが「中国以下」だよなあ。トランプ氏にはどうも「やっかいなこととは関わりたくない」との発想が根底になるように思える。ひょっとしたらかなりの「怖がり屋さん」なのかも。

【関連】
中国系住民がトランプ候補の応援団を結成「不法移民は許さない」などに共鳴=米国大統領選
米大統領選のトランプ候補、在米華人の支持に大喜び「オレも中国人を愛しているぜ!」