雑記:台湾で一番有名な日本人かあ。存じ上げなかった

ううむ。存じ上げなかったなあ。まあ、いろいろとあったのだと思うけど、人生をたくましく切り開いてきた人のようですね。ちっとは見習わねばならないなあ。

 

「台湾で一番有名な日本人」の波乱万丈な人生

内容については、上記でご確認いただきたい。ただ、記事の本質には関係ないけど、ちょっと気になる点がありました。「楽吃購(ラーチーゴー)」というというサイト名の紹介でです。まずは日本語に直訳すれば「楽しむ・食べる・買う」です。サイト名そのものは、よくできていると思う。日本旅行の人気が極めて高い台湾で、日本の楽しさが伝わってくるに違いないと思わせる名ですね。

「楽吃購」は日本人にとって、難しい発音が並んでいる。「楽」の母音部分は、口をしっかりと「エ」の形にして「オー」と発音すれば、だいたいそれらしき音が出ます。でも、日本語にない音だからカナ書きするには、どうしても無理が出る。

「吃」も難しい。「そり舌音」と言って、舌を上にそらせて発音します。口の形は、「舌をそらせた時の自然な形」とされています。音として、日本語の「チー」に近いのは確かです。そうそう。息を思いっきり強く吐き出すことも、忘れずに。

問題は、まだあるのです。台湾で標準語とされる言葉は「国語(グオユー)」と言われていますが、清朝期に北京の宮廷で形成された言葉が土台です。そして「そり舌音」は、北京方言では多用されるのですが、他に「そり舌音」を使う地方はほとんどない。

台湾では戦後になり、「国語」を強制的に普及させたのですが、「そり舌音」はあまり定着しなかった。とすれば、日本語の「チー」に近い音で発音していそうなものですが、「ツー」に近い音で発音する場合がほとんどです。

「そり舌音」を使わないで「吃」に近い音を出す。その際にも、口の形を意識しないで、自然に、成り行きまかせに発音する。結果として日本語の「ツー」に近い音になると言うわけです。

最期の「購」は、「ゴー」ではないなあ。「ゴウ」です。日本人は二重母音が苦手ですからねえ。英語の「boat」も「ボート」になってしまう。「映画」も「えいが」ではなく「えーが」と発音する。中国人は長母音と二重母音をきっちり区別しますからね。ここは「ゴウ」でなくてはならない。

私は昔、中国語の月刊のテキストを作っていたことがあります。もちろん私は、中国語の専門家でもなく、中国語教育の専門家でもありません。ですから、自分が中国語を学んだ時の経験を教材に盛り込み、中国の専門家に「徹底的」な指導を受けて作っていました。

初級から上級に進むのではなく、「その回を学べば、その分だけ中国語を知ることができる」という教材だったので、発音関連では特に苦労しました。例えば、主要な登場人物の日本人ビジネスマンを「大木(ダームー)」さんにしました。

日本人に特に多い鈴木さんとか佐藤さんでは、発音が難しくなってしまうからです。ダームーさんなら、日本人にとっても発音しやすいかなと思ったからです(それでも厳密に言えば、「ムー」の発音には問題が出やすいのですけどね)。

東洋経済の記事をよんで、中国語の発音をカナ書きするのって、本当に難しいなあと、改めて思った次第です。

 

【関連】
台湾を訪れる中国の団体旅行客が激減、6月はかつての3分の1に・・・日本人観光客は大幅増
ことば:日本人の「気遣い」と中国人の「そのまんま」が気になった